<< バームクーヘンづくり | main | オオスズメバチを食す >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
自分のビジョンを持つこと。

今日は日々思っていることをブログに書きます。

自分のビジョン(将来のイメージ)を持つことは非常に大事であると
色々なところで言われています。

ただ私は自分のビジョンを持つことが本当に苦手で今まで
先頭に立って走ってきましたが、本当に苦労をしていました。

ましてや自分の人生においてのビジョンが見えづらく、将来のことに
ついても悩んでいます。

ただその中で最近新しい価値観を教えていただきました。

ビジョンがあってそのビジョンに向かって走っていく。
つまりビジョンを動力源に行動することをビジョンドライブと言います。

多くの有名企業の社長やアスリートはイメージ力が強く
自分の頭で思ったことをかなえていくと言います。
石川遼君のマスターズ出場を小学校から目標にしていたこと
などはまさにその例ではないでしょうか。


それとは対照にバリュードライブという考え方があります。
これはバリュー=価値(観)を動力源に行動すること。

つまり何を大事にして何を目的に人生生きるのか??
ということを突き詰めて行動の源とするのです。

たとえば家族を最大限に大事にするなど、日々の生活から
考えても良いようです。

自分はビジョンを持つということに本当に苦戦していましたが
このバリュードライブに出会ったことから、非常に考え方が楽に
なりました。

やりたいことが見えにくい世の中。
色々な人は「将来何がやりたいの??」
とビジョンを問います。

ただそれに悩んでいる若者がいるのも事実。
夢を持ちにくいマイナスイメージが多い世の中。
何を大事にするか?何を目的にするかを考えることは
時間のある大学生にはやりやすいと思います。

さらに一人で考えるのではなく、友達などと話してほしい。
脳は質疑などの問いかけによって活性化します。

その中で見えてきた自分のバリューは

「人、モノ、コト、想いを繋ぎ価値を創造、増加させるコーディネーター像」

つまり人や地域を最大限支える縁の下の力持ちに自分はなりたいと感じました。

具体的にはどのような仕事という面は見えていませんが、これから
仲間も増えてきて、前に進めそうな気がしています。

夢やビジョンで悩んでいる方がいれば、それがなくても
大丈夫だと言いたいです。

暗いことが多い世の中ですが、考え方で生き方は変わる。

これから若者としてできること以上のことに挑戦していきます。



| 井上 将太 | 井上将太の想い | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:43 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/117
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ