<< 学生生活でPDCAサイクルを回す | main | ピザ焼き体験 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
海士町の教育の取り組み

今日は島根県の県議の三島さんという方から海士町の情報が入ったのでブログに書きたいと思います。
海士町は島根の隠岐の島に浮かぶ人口2500人ほどの離島。

しかし現在2500人の島に100人以上のIUターンの若者がいるという
とんでもない島です。

まだ行ったことがないですが、海士町では合併を拒み市長や課長クラスの給料を30%〜50%
カットしながら行政&民間主体で地域活性を続けている。

去年の2月、6月に海士町の産業課長の方や教育委員会の方にもお会いしたが
行政マンとは思えない意識があった。
まさに企業の社長のような意識が一人一人にあり、これが若者を呼ぶ一つの視点となっている。

私の知り合いの方が以前にIUターンの定義づけをした。

まずは田舎に癒しなどを求めて、定年後やライフワークとしての田舎を求めるケース。

もう一つは田舎を挑戦の場として捉え自分の人生を地域活性などの物事の達成などに
かけるケース。

海士町では行政の支援などもあり、後者の割合がきわめて大きい。

そしてその海士町が今度は教育面でも素晴らしい取り組みをしようとしている。
賛否両論はあるとは思うが、非常に素晴らしいことだと思う。

しかもその仕掛け人は学生時代に「流学日記」を書いた岩本悠さん
2度ほどお会いしましたが、本当に素晴らしい方でした。

http://spysee.jp/%E5%B2%A9%E6%9C%AC%E6%82%A0

****************

島前高校は、少子化による生徒数の激減で存続の危機にありました。
そこで、島前高校を存続させるために私たちが立てた方針は、
「島前高校の魅力を更に高め、全国からも生徒を募集する」
というものでした。

そして、本当に多くの方々のご協力をいただきながら
3年間かけて進んできた、この「島前高校魅力化プロジェクト」が
今回、いよいよ全国から入学生を募集することになりました。

以下に簡単なその紹介文を付けさせて頂きましたので、
もしみなさんのお知り合いに 教育関係者や
中高生のお子さんをお持ちの方がいましたら
ぜひご紹介・ご転送いただければ大変嬉しいです。

突然のお願いと乱文で大変失礼いたしました。
岩本悠
〇以下が島前高校魅力化プロジェクトの
ご協力のお願い文です。(転送歓迎です)

◆◆◆――――――――――――――――――――――――――
◇◆ 【島留学制度の第一期生を大募集!】
◆◇  一人ひとりの夢の実現を目指して
◆◆  全国から入学生を募集します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度、平成18年から準備を進めてきた島前高校魅力化
プロジェクトが遂にカタチになり、来春(平成22年4月)から、
人間力と学力を両立して育成する2つのコースを創設します。
さらに高校と連携した公営塾「隠岐國学習センター」も
非常に優秀で素適な講師陣を迎えて設立される運びとなりました。

そして、全国から生徒を受けいれるための「島留学制度」もでき
日本中から第一期の入学生を募集することになりました。
お知り合いに中学生や高校生、その保護者さんが御座いましたら
ぜひご紹介下さいますよう宜しくお願い致します。

島前高校魅力化プロジェクト一同


■---------------------------------------■
隠岐島前高校(おきどうぜんこうこう)とは?
■---------------------------------------■

隠岐にある島前3島における唯一無二の高校(県立)。
全校生徒90名程度という手厚い指導が可能な人数で、
著名講師や大学研究者を招いた特別プログラムや、
海外研修旅行、フランスやロシアとの国際交流なども
積極的に行っています。(レスリング部は全国屈指です)

現在は、島前地域と島前高校と島根県が連携して
全国から人が集まる特色ある学校づくりに取り組んでいます。
今年度は地域観光プランコンテスト「観光甲子園」で
日本一(文部科学大臣賞)を獲得した他、魅力と特色ある
教育実践校として表彰も受けています。


■----------------------------------------■
ニュース1:学力×人間力の2コース制の新設
■----------------------------------------■

隠岐島前高校(以下:島前高校)では来年度より2つのコースを
創設します。どちらのコースも、生徒一人ひとりの学力と個性を伸ばし、
自ら進んで考え行動できる人間力を身に付けることが出来ます。


◆地域創造コース◆=================
創造力・主体性・コミュニケーション能力など地域社会で自立・
活躍するための総合的な人間力を徹底的に磨き上げるコースです。
豊富な地域資源を活かした「夢探究」「環境学」「地域創造」など
独自のカリキュラムで次世代の地域リーダーを育てます。
推薦・AO入試を通して難関大学への進学も可能です。

●こんな中学生におすすめです
【その1】
自分のまちや田舎が大好きで、将来は「家業を継ぎたい」
「地元に帰りたい」「まちを元気にする仕事がしたい」または
「いつか村長や町長になりたい」という意欲的な生徒。

【その2】
教室内の勉強だけでなく、自然体験や、多様な実習を通して
人間的に大きく成長したい生徒。または、「都会では体験できない
おもしろい活動やプロジェクトもやりたい」という生徒。


◆特別進学コース◆=================
生徒一人ひとりの進学希望の実現を目指し、超少人数指導で
学力を徹底的・飛躍的に高めるコースです。一人ひとりに応じた
充実した個別指導も受けられます。
旧帝大・難関国公立大学・有名私立大学への進学も可能です。


●こんな中学生におすすめです
【その1】
大規模校や進学校の中で息苦しさを感じ、もっと自分らしさを
発揮したいと思っている生徒や、受験学力に加え社会の中で
必要となる生きる力も同時に身につけたい生徒。

【その2】
たった一度の高校生活を、豊かな自然と素適な仲間と、
個性溢れる先生に囲まれながら充実した3年間を送りたい生徒。


■----------------------------------------■
ニュース2:公営塾「隠岐國学習センター」の設置
■----------------------------------------■

超難関大学への進路保証に向け、最先端の教育
メソッド・システムを導入した公営塾も開設します。

以下のような指導者を迎え、学力と人間力ともに
万全の体制が整います。(スタッフの一部を紹介します)

◆藤岡慎二
慶應義塾大学修士課程修了。大手大学受験予備校や
ハーバード大学進学塾「Route Harvard」など14年の指導歴。
教科指導以外にも「学習意欲向上」「推薦・AO入試対策」も専門。

◆豊田庄吾
広島大学卒業。リクルートを経て(株)ウィル・シードにて
学校教育部門を担当。「社会人基礎力」や「生きる力」
「起業家教育」に関する特別授業を7000人の生徒に実施。


■----------------------------------------■
ニュース3:充実した「島留学制度」の創設
■----------------------------------------■

来年度、島外から島前高校の寮に入る生徒を対象に寮費の
全額補助、食費毎月8000円、里帰り交通費の補助などの
島留学制度ができます。(これで月2万円で生活できます)

また、国内でも特に治安の良い島の環境に加え、
島前高校の寮は学校隣接のため安心安全です。
寮内では現役教員による夜の学習指導、進路相談や
集団生活を通して主体性と社会性を身につける
全人教育を行います。


■--------------------------------■
隠岐島前(おきどうぜん)とは?
■--------------------------------■

島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の3つの島で、
世界第一級の景勝地である「摩天崖」(西ノ島町)や日本の名勝
「赤壁」(知夫村)に加え、後鳥羽上皇や後醍醐天皇が流された地
としても有名。また、神楽や民謡、俳句などの歴史文化を誇る一方、
3島すべてが国立公園に指定されるほど自然豊かな島々である。

最近では、地域づくり総務大臣表彰の大賞を受賞するなど(海士町)、
まちづくりも非常に活発で、全国から多くの若者が移り住み、
地域活性の先進地として海外からも視察が来るようになっている。


■--------------------------------■
資料請求/お問合せ先
■--------------------------------■

○お問い合わせは以下のサイトよりお願い致します。
▼隠岐島前高等学校ホームページ内
https://dozen.ed.jp/contact.html


〇電話での問い合わせは以下までお願い致します。
島前高校魅力化プロジェクト 担当:濱板、岩本

▼隠岐島前高等学校内連絡先
TEL:08514-2-0731

▼海士町教育委員会内連絡先
TEL:08514-2-1222

********************
こんな高校本当に面白そうですね!!

今の高校教育はどちらかというと専門的なスキルの基礎(技術者育成)
を教える教育。
だけど海士は人間力=社会に求められる力や地域を支える力を育てる。

つまり地域でこのような力を育てれれば東京に行く必要なんてなくなるわけです。
このような取り組みをして攻め続ける海士に驚くばかり!!

高知も今の価値観(ものさし)で最下位近いならその
ものさしを変えるか、新しい価値を創るしかないのです。

高知も負けないようにやっていくしかないですね。

海の武士が海士なら森林率1位の高知は山の武士、山士・・・

1年以上山にこもる、山士教育でもやろうか。

海士町HP
http://www.town.ama.shimane.jp/

| 井上 将太 | 子ども関係(教育) | 21:27 | comments(2) | trackbacks(5) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:27 | - | - | pookmark |
コメント
なんだか大学のような高校ですね。
私は大学に入って、やっと自分の視野を広げることができましたが、高校生のような活発で色々な事に興味・関心を抱ける時期に、こんなシステムの中で学べることは、すごく有意義だと思います!
全国に広まって、この高校をぜひ視野に入れて欲しいですね。私も行ってみたい^^
| | 2009/12/18 10:37 PM |
華へ

すごいカリキュラムよね!!
もともと企業の人材育成の関係者の方とかも入ったもの
だから新しい学校教育になる可能性があるね。

ぜひいつか視察に行きたいと思うから、もし時間があればぜひ!!
| しょーた | 2009/12/20 12:44 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/128
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/12/19 2:40 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/12/19 11:43 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/12/19 7:52 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/01/07 3:30 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/01/14 3:06 PM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ