<< 高知のことを考えゆう若者 | main | 嶺北をめぐる旅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
新年のご挨拶

2009年があっという間に過ぎ、2010年が始まりました。

昨年お世話になった皆様今年も色々とよろしくお願いします。

今年は飛躍の年として頑張っていきたいと思います。
(毎年言っている気もしますが・・・)

さて年末、年始は実家で少しばかり休養をしていました。
久しぶりに帰れて良かったです。

私の出身は安芸市の井ノ口というところです。
昨日から龍馬伝も始まり、わが町出身の岩崎弥太郎も登場しました。

改めて自分の地元に帰ると見えてくるものがあります。

この地域の20年後、30年後。
日本の田舎がほぼ少子高齢化で人が減っていく中自分の地元も
例外ではありません。

私が小学校の時はまだ一クラス30人は子どもがいましたが、現在は10人ほど
このままでは母校もなくなるかもしれません。

しかし自分の地元で地域起こしについて活動することは、並大抵のことでは
ないと思います。

田舎であるからこその出る杭は打たれることもあり、さらに日々の生活が
乱されることも嫌います。

やはり地域の利害関係が少ない、「よそ者、若者、ばか者」が大事だということが改めて
わかりました。

私も田舎の人であるという気持ちも忘れずに、ますは他の地域で3つの視点を
持って活動を続けていきたいと思います。




安芸市井ノ口
おそらく弥太郎が生活をしていたころとあまり変わってないのでしょう。

自然が沢山残った暮らしやすい地域です。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/137
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ