<< 土佐経営塾 | main | 森のおきゃく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
杉を使う1000の提案
嶺北地域は高知県の中でも非常に杉が多い産地です。

ただ地域の多くの杉は中々活かされていません。

しかも杉のイメージは柔らかく傷がつきやすく使いにくい。

長所を見れば温かみとか色合いなど様々なものがあるのに
どうしても長所を活かせないでいます。

地域の林業のためにも杉を使い倒さないといけない嶺北ですが、
地元の方にも杉で作るという視点を持ってもらい、そして消費者にも
嶺北は杉を活かしたまちづくりをやるということを見せる考え方が
あればと考えていました。

そこで知り合いの方からヒントをもらい考えたのが

「杉を使う1000の提案〜one thousand wood project]

です。

地域で杉を活かした1000個の提案を出そう。

商品でも良い、家づくりでも良い、ガードレールでも良い。

願いを込めた杉の提案を地域から発信しよう。

ゴールも1000個の提案ということで分かりやすい。

地域でばらばらに動いている木工関係の方達を繋ぐツールにも
なればと感じています。
後は発信拠点があればそこに商品や情報を掲載できます。

日本一の大杉がある嶺北だからこそ意味があるのかな。
その地域に日本一の杉があるのに、そこに価値を置かなければ
日本一の杉が育つという環境が良い杉を育てるということでしょう。

これはぜひやりたいな。。。


| 井上 将太 | 井上将太の想い | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ