<< 土佐清水へ | main | 伐採から製作まで!!学習机ツアー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
道を作ること

今日は夕方に高知大学の後輩がばうむにヒアリングに来ていた。

なんでも高知県を活性化させるための企業の方向性を探ると言うことらしい。
そこでばうむ合同会社の話を聞き、遠い所嶺北まで来てくれた。

色々と話していると進路の話になった。
現在大学の3年生らしいが、就職はせずに休学をしてでも、起業をしたいらしい。
しかも田舎でのビジネスを行いたいらしく、まだテーマは決まっていないが
とにかく行動していきたいとのことだ。

初めて会った後輩だが、そのようなことを考えている後輩は最近はめったに
いない。その想いは非常に評価できるし、素晴らしいと思う。

ただ想いが走りすぎてビジネスモデルにはなっていない。
僕も想いの部分で行動しすぎてしまう(今もそうだが)が冷静に
事業を見て計画を立てていかないと非常に苦労してしまう。
少しだけ厳しい意見を言ってしまったが、自分より若い分、何か
少しでも突破点を見つけてほしいとの考えからだ。

思い返せば大学3年生の時はとにかくイベントや人に会うことしかやっていなかった気がする。
それでも動いていればなんとか起業できる??と思っていたが、現実はそうではない。
実際は想いだけでも駄目であるし、ある程度の力がなければ、何も生まれない。
ある方に教わった言葉。
「理念なき利益は罪であり、利益なき理念は寝言である」
この言葉が心に突き刺さったことを覚えているし、同時に悔しかった。

今年に入り、ばうむという会社で働かせていただき、少しづつビジネスの仕組み、会社の仕組みを
学ぶことができ、計画なども簡単なものであれば作れるようにはなった。

今の自分は悔しかった3年の時の自分が作っているのは言うまでもないが、
後輩には僕よりももっと早く気付いて、少しでも良い道を歩いてほしい。

おそらく人がやらない道を作ることは後輩のためにあるのだと思う。
世の中が良くなっていくのは、人が人にノウハウを伝えるから。
僕がばうむに入って気付いたことを伝えることによって後輩は大学3年で気づくかもしれない。

これが人類の成長であるし、道ができていくということである。
科学など技術の世界は分かりやすいが、研究方法など色々なノウハウを次の時代に
蓄積していく。

この視点は企業経営やその他人間生活の部分でも当てはまると思うし、
次の世代に繋ぐ道を作ることは本当に重要で間違いが許されない部分なのかも
しれない。

後輩にはぜひ頑張ってほしい。
僕にできることがあれば精一杯応援していきたいと思う。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 01:27 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:27 | - | - | pookmark |
コメント
東京からも応援しています!(^^)b
| hiroshi yamano | 2010/11/12 10:14 AM |
山野さんへ

コメントありがとうございます。
こちらも頑張っていきますね♪
| しょうた | 2010/11/12 11:43 AM |
普段仕事をする日々の中や他店での修業時代、想いが先行して利益につながらんことは多々ありました。これはいいものや!と自分の中で想っても事業として利益に繋がらず…
自身の想いの中での市場価値と実際の市場での市場価値がある程度マッチしないと事業継続は難しい。
これからも勉強ですね…。将太くん、お互い頑張りましょう。
| kamiji | 2010/11/13 1:04 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ