<< 田舎からのおすそわけ | main | 焼酎事業始動開始!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
匠の技を得る

数日前から大学の時の同級生が本山町に来ており、一緒に数日間暮らしている。

彼は本山町の農家である山下一穂さんに興味があり、わざわざ兵庫県から
訪ねてきてくれた。
今日から山下農園の研修に入っている。

土曜日は久しぶりに山下さんのお話をお伺いすることができた。

山下さんは約10年ほど前から独学で有機農業を始めて、現在もトップランナーと
して走り続けている。
山下さんの話は志とカリスマ性に溢れ、多くの方を引き付ける。

山下さんいわく
「これからの農業には大きな理想と確固たる理念が必要」ということらしい。
戦後、農薬と肥料を中心としたアメリカ型農業が中心になり、日本の生物多様性や
里山(自然界と人間界の境界)は消えていった。

農家は土に触れる機会が減り、誰に野菜を届けるのかも忘れてきていると提唱する。

大きな理想と確固たる理念を持つことは様々な方の共感を呼び、そして共感がまた
様々な方に伝わり、ビジネスが成り立つ。

このような構図が大事であるし、現在のようにブームが去る物販と違い
評価が崩れない。

大きな理想と確固たる理念とは里山を取り戻し、日本の国土を再び次の世代に
繋げる宝にすることであり、食をもう一度命のつなぎ役として、取り戻すことである。

そして理想と理念だけでも駄目であり、その2つを担保する圧倒的な技術力が
有機農業には必要であるということだ。

技術力はある意味、匠の技まで匹敵する情報量と経験が必要であるとのことである。

話を聞いて、私にとって現在この技術力をつける環境ではないことにとても危惧があるし
早くそのような分野を見つけなければならないと感じた。

山下さんの前に行くと圧倒的なカリスマと信念のある生き方に恥ずかしくなる。

同じ町にこのような素晴らしい方がいることを誇りに思うし、これからも分野は違うが
沢山学んでいきたい。

技術力と理念、理想を生み出す人間力。

この2つを併せ持つ人間になりたい。

山下一穂さん
http://harehore.net/kazuho/index.html

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:13 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ