<< 【告知】第5回森の未来に出会う旅募集中 | main | 【告知】若手林業ビジネスサミットin土佐 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
映画【ふるさとがえり】

昨日の夜は有限会社 FireWorks 取締役の栗山 宗大さん (脚本家・プロデューサー)が本山町に来られていました。

栗山さんは映画などの映像を通したまちづくりや教育などをメッセージに活動を続けており、岐阜県恵那市で地元住民を巻き込み6年間かかって製作した「ふるさとがえり」の先行ミニ上映会を行ってくれました。

映画を作り上げたプロジェクト

「えな心の合併プロジェクト」
http://www.enakoko.com/

簡単ではありますが、以下に「ふるさとがえり」を見た感想を述べます。

映画「ふるさとがえり」レビュー

こんなに素晴らしく、そして感動した映画は始めてです。
本当に今まで見たどんな映画よりも暖かさがあり、人間臭さがあり、
メッセージ性のある映画。

見終わると、悲しいだけではない涙が流れる作品だと思います。
私も自分のふるさとや家族があり、そして今、住んでいる町もあります。
ただその生活の中で辛いことや苦しいことがあり、時折逃げ出してしまいたいこともある。
そんな中で役者さんの放つ一つ一つの言葉に重みと生きているという実感があります。

単純に田舎が良い、都会が良いという極端な話ではなく、
あなたは誰のために生き、何のために生き、どのように生きていくのか。
映画の中ではそのような話はありませんが、私には映画を通してそんな
メッセージが聞こえてきたように思います。

本当に考えさせられますし、沢山の20代の方々に見ていただきたい映画だと思います。

また素晴らしい岐阜の恵那市の風景やそしてこの裏側に関わった多くの地元の方々。
そしてこの想いを形にしたFireWorksの方々の6年間の積み重ねを考えると
本当に敬意とそしてこのような作品を生みだしてくれた感謝の念が生まれてきます。

一人でも多くの方に見ていただきたい映画として僕も発信をしていきたいと思います。

映画「ふるさとがえり」
http://hurusatogaeri.com/test.php
今後の上映予定
http://enakoko.blog119.fc2.com/blog-entry-258.html

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 18:30 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:30 | - | - | pookmark |
コメント
奇遇だねえ。僕も土曜日に王子で見ました。

「懐かしい」という感覚なのでしょうか、涙がこみ上げてきました。
| 世界のたかちゃん | 2011/07/24 7:27 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ