<< 高知の6次産業化の販路開拓 | main | MOCO`Sキッチンに「もくレース」デビュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
四万十スイーツフェスタ開催いたします。

今年度より少しずつですが、関わらせていただいている「四万十市の中心市街地のまちづくり」

市街地の交流人口の減少が続く、四万十市の中心市街地にて、住民が参加できるまちづくりのカタチを作って欲しいとの依頼されました。

四万十市中村は歴史・伝統のある町で、「小京都」とも呼ばれています。
室町時代の応仁の乱の時に京都の一條家が、中村に逃げ、そこからまちづくりが
スタートをしたと言われております。

まちは碁盤の目をしており、祇園、京町、鴨川、東山等の地名も残っています。
また夏には大文字の送り火も残っているなど、非常に京都の文化と密接に関わっている地域です。

ただ先の南海大地震にて、古い街並みの建物はほとんど大破をしてしまい、そこから
今の商店街ができてきました。

ヒアリングや歴史を見てみるとやはり京都としての文化が残っていることが多いことが
わかります。京都と言えば、和菓子などの菓子が有名なのですが、中村では菓子・パンの
店舗が人口30,000人ほどの中で15店舗以上存在しています。
綺麗な和菓子の店舗もあり、やはり京文化を引き継いでいると言えます。

また食文化にも甘党な一面があり、朝の朝食のトーストには砂糖を沢山かけて食べるなど
スイーツ好きな一面が見えます。

そんな菓子・パン屋をヒアリングをしていると面白いことが見えてきました。
中村の菓子・パン屋さんは90%以上の店で若い後継者がいるのです。
全国の一般的な商店街の問題として、後継者不足により、事業意欲が低下したり、まちづくりの推進力が出なかったりするなどの課題がありますが、若い後継者がいること自体で非常に
魅力の一つなのであると感じました。

そして今までは菓子・パン屋さんはまちづくりへの参画が少なかったということで
若い方を中心にして、取組みを進めていきたいという話になりました。

そして最初はイベントからスタートになりますが、市街地の若手の方が中心に
自らができることを活かしたイベント「四万十スイーツフェスタvol1」を開催いたします。

このイベントは、各店舗の傾向として顧客が若年化を図り、そして店舗のPRをしていくことと
中心部への集客をお菓子屋さんを中心として図っていくことを目的としております。

やはり顧客に選択される店舗が増え、そのネットワークができていくこと。
これが大きな力になっていくと感じております。

先日は四万十市でのお菓子屋さんが集まった会でしたが、その時は各店舗が
作ったオリジナルスイーツや自慢の一品をお披露目いたしました。






菓子工房C‘S 和三盆のマカロン

和三盆糖を贅沢に使用したマカロンです。
キャラメルクリームには和三盆糖蜜を入れ、濃厚なクリームに仕上げ、女性やお子様にも一口で食べられる様に小さく作りました。ぜひ、ご賞味下さい。

菓子工房C‘Sは最近できた新しい菓子工房です。
四万十の青ノリを使ったラスクや川エビのクッキーなど地元にこだわった商品を提供しています。


菓子工房 福寿 フロマージュ・ブラン

ベークドチーズとレアチーズをババロワとアーモンドビスキュイでサンドした、
よくばりなチーズケーキです。フランボワーズ(木苺)の酸味でさっぱりと、表面のチョココーティングでパリッと食感も楽しい、福寿のオリジナルケーキです。アメの飾りも食べられますよ!

福寿さんは、中村駅の近くにある和洋のお菓子屋さんです。幡多美人という焼き菓子が
有名なお菓子屋さんです。


泰作さん本舗 藤家 お菓子3点セット(泰作さん、焼き鮎もなか、四万十川)

中村生まれのとんちで数奇な生涯を送った実在の人物の名に因んで作った、羊羹をクッキーではさんだ和洋折衷なお菓子「泰作さん」。

自家製粒あんたっぷりの最中の中に、鮎の肝に見立てた青のり入り求肥が入った「焼鮎もなか」。

四万十川産の青のりを生地に練り込んだ焼き菓子「四万十川」。

藤家を代表する御菓子3点を、本日のみの特別セットにてご提供いたします。

藤家さんは高知県でも有名な泰作さんを製造しているお菓子屋さんです。
四万十のお土産にはピッタリの商品です。


和菓子処 おおいし ひな祭りの和菓子セット

三月三日、ひな祭りにちなんだ、内裏さま、桃の花、白桃そしていちご大福と

かわいいひな菓子を造りました。

季節を先取りした和菓子をぜひこの機会に召し上がって下さい。

おおいしさんは商店街の中にある和菓子屋さんです。とっても美味しい季節のお菓子があります。
お店の理念である「身上不二」のモノづくりをしています。



有限会社パンのピノキオ メープルパイラスク

パイ生地にイーストを使用。独特な味と食感です。

ラスク風にしました。

ピノキオさんは美味しい菓子パンを中心に営んでいます。お店ではラスクが売れ筋
商品ですが、今回は特別にパン生地のメープルラスクを提供してもらいます。


藤田屋 杵つき餅のきなこ黒蜜がけ

四万十産もち米と青のりを使った杵つき餅に、きな粉と黒蜜をかけました。

黒蜜は、入田の上田さんが炊き上げた「四萬糖」を使用しております。

つきたてのお餅と、黒糖の深みある味をお楽しみください。

藤田屋さんは昔ながらの杵つきのお餅を製造しています。冬場は青ノリを
自ら採りに川に入るこだわりのお店です。



お菓子の山彦 四万十ルージュ

地元(四万十産)の苺を使って仕上げたピンクのムース、中には、ピスタチオのムースが入っていて苺のムースをより一層引き立てるケーキに仕上げました。

山彦さんは創作系のお菓子が得意です。特にチョコレートケーキなどは美味しい
一品となっています。


お菓子の山彦 ショコラ・ピスターシュ

フランス産の少し苦みのあるチョコレートのムースの中に濃いめに仕上げたピスタチオのムースとアクセントにフランボワーズのジャムを入れ、つやのあるチョコレートで全体をコーティングしました。



幡多のアンテナショップ LIGRI(りぐり) 地元野菜のシフォンケーキ

幡多地域の地元で採れた新鮮な野菜と果物を、ピューレやジャムなどにして生地に混ぜ込み、素材の持つ色や甘みを活かして焼き上げたシフォンケーキです。野菜が苦手な方でも食べやすく、健康的なシフォンケーキです

地元のJCの方々が中心に起業したLLPしまんとが運営するLIGRI
中村駅にあるアンテナショップと地元に根差したモノづくりにこだわります。


幡多のアンテナショップ LIGRI(りぐり) 40010(かりんとう)

プレーン・しょうが・ゆず・青のり・だし醤油・たまねぎ

東京中目黒の野菜スイーツ専門店

『パティスリーポタジエ』の柿沢安耶シェフがプロデュース。

南国高知の太陽を浴びて育ったお米と国産小麦粉をベースに清流「四万十川」地域の自慢の味を素朴なかりんとうに仕立てました。

四万十生まれの、ちょっと贅沢なかりんとうです。



上原菓子店 天使のさくさくリング

サクサクした生地の中にプラリネクリーム、カスタードクリームをたっぷり絞込み、その上に四万十産のいちごをのせました。

アーモンドをキャラメリゼして砕いたものが食感のアクセントとなっており、プラリネのアーモンド風味を一層引き立てております。

上原さんは和洋のお菓子やさんで、色々なものを買うことができます。
またこのお店の赤飯は絶品です。


カマタ製菓 とろーりプリン

地元産の牛乳、生クリーム、ハチミツ、卵は土佐ジローの黄身だけを使った濃口なプリンです。プレーン、紅茶、ゴマと3種類を用意いたしました。チョコレートムースはシェフ特製のチョコレートを使い、アーモンドをふんだんに使った生地でサンドしております。どちらも何個でも食べられるよう上品な味わいとなっております。

カマタさんは菓子パンからウエディングケーキまで幅広く製造をしています。
スイーツフェスタではウェディングケーキの製造を見せてくれます。



カマダ製菓 オリジナルスイーツ

※詳細は後日記入


アマンド フレジエ

オーナーが学生の頃、そのあまりの美味しさに驚かされた今でも忘れられない思い出のお菓子。ヴァニラの風味豊かなカスタードクリームと香り高いバターを混ぜあわせたリッチなクリームは甘酸っぱいイチゴとの相性が抜群。やわらかく焼いたスポンジと一緒に口に運ぶと幸せなひと時を味わうことができます。

高知県で一番歴史のある洋菓子店です。シュークリームが有名で、絶品です。



アマンド グリオッティーヌ


チョコレートのスポンジに甘さひかえめのブラックとミルクのチョコレートクリームを挟んだ大人のチョコレートケーキ。中に入った名前の由来でもあるグリオット(さくらんぼの洋酒漬け)とチョコレートとの相性は抜群で、その味のハーモニーは大人の時間を演出してくれます。



右城松風堂 ハートもなか ※写真は後日UPします。

小豆の赤い色は悪を祓う陽力をもつものと信じられ、古くより日本人の生活の祝い事には欠かせぬものとして使われてきました。

その小豆あんを使用し、二人の良き門出に新たな気持ちをハート型にたくして造りました。

右城松風堂の中心商品は高知県でも有名な筏羊羹です。今回は別の
商品ですが、ぜひ機会がありましたら、購入してみてください。

四万十の店舗さんが総力を挙げて行うイベントです。
四万十だけではなく、ぜひ色々な地域から参加してみてください。

お菓子やさんからのまちづくり頑張ります!!

以下告知文

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

今日しか味わえない、特別な空間

ゆったりとしたくつろぎの場

 

四万十スイーツフェスタvol1 2012219日開催

 

出店店舗12店。四万十のお菓子屋さんが一同に大集合!!

地元のモノを使ったお菓子や、今日しか食べれないお菓子が

味わえます。あなたのお気に入りのスイーツを見つけてください。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

❤日時:2012219()

10:00【開場】〜16:00【終了】

    

❤開催場所:新ロイヤルホテル四万十2

      (高知県四万十市中村小姓町26) 

 

❤参加費:前売り券(1,000円)6チケット

当日券(1,200円)6チケット

前売り券はロイヤルホテル四万十、中村商工会館及び参加菓子店舗にてご購入ください。

※1〜2チケットで1個のオリジナルスイーツが食べることができます。

 

❤定 員:400人 先着順

 

❤駐車場:新ロイヤルホテル四万十、四万十市役所、中村商工会議所をお使いください。

 

❤サブイベント

♡ウェディングケーキ製造見学及び試食

♡ピアノ演奏

♡抹茶のおもてなし

 

❤出店店舗 50音順

()【アマンド】

(洋)【上原菓子舗】

()【右城松風堂】

(和)LLPしまんと】

()【お菓子処おおいし】

()【お菓子の山彦】

()【菓子工房C`S

()【菓子工房福寿】

()【カマダ製菓】

(洋)【パンのピノキオ】

 ()【藤田屋】

(和)【藤家】

 

❤お問い合わせ先

参加希望者は氏名、連絡先を記入し、メールもしくは電話にて下記連絡先にお問い合わせください。

四万十スイーツフェスタ実行委員会

(事務局:中村商工会議所)

Tel: 0880-34-4333 E-mailnakacci5@mocha.ocn.ne.jp

 

❤主催:四万十スイーツフェスタ実行委員会、四万十市中心市街地活性化協議会 

後援:四万十市、新ロイヤルホテル四万十

 

当日は新ロイヤルホテル四万十にてウェディングフェアを同時開催いたします。合わせてご来場ください。

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡




 

| 井上 将太 | 高知のえいもん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:16 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/01/21 7:42 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/01/24 1:59 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/02/03 8:03 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/02/09 1:29 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/02/10 1:09 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/02/10 4:14 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ