<< 人口減の社会の将来像 | main | 【イベント告知】移住希望者体験ツアー 田舎めぐりツアー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
地域とは何か?

地域活性化。地域づくり。地域に帰る。。。

地域とは何か。実は意外と明確な回答がないのかもしれない。
少し考えてみた。

先日大阪の堺市の知り合いと話した。その中でその方が話していたことは「堺市の南部の地場産業を中心とした地域活性化」ということ。高知県の人口より多い80万人を擁する堺市でも地域活性化。

確かに田舎も残っているのだと思うし、条件は違うのであるが、市で見れば本当に大きな市である。

このような話と私が住んでいる本山町を比べると同じ地域なのであるが、
何が違うのか。また共通点が何かが見えてくる。

堺市の場合は大きな町であり、人口が増えている。しかしその中で南の区域は高齢化も進み人口が減っているのである。そのように見ると堺市の中でも中心部と周辺部に分けられ、中心部にヒト、モノ、カネが集まり、人口が集まっていく構図なのだとわかる。

本山町であれば、高知市に出ていった方はかなり多く、高知市と本山町の関係は中央と地方ということになる。

つまり明治維新後の中央集権の流れの中で、中心部に頭脳の機能を置き、ハブとしてその周辺機能は地方に任せた。周辺機能とは農業であったり、モノづくりなどである。しかし中央集権の中で、あまりにも中心部にヒト、モノ、カネが集まりすぎて結果、周辺機能を持つ地域からは、ストローのように吸い取ってしまう機能ができてしまったのである。

地域とは中央集権という発想から定義づけられるものであり、構造的な見方によってはその対象は違ってくる。

東京(中央)と高知市(地方)

高知市(中央)と本山町(地方)

本山町(中央)と本山町の○○地区・集落(地方)

また主観的に感じる地域も一方ではあると思う。私であれば、生まれ育った安芸市のようなふるさとである。何か懐かしいと思う感覚やいつも見た風景なども一つ地域と呼べるものではないか。人によっては、東京の下町にしてもそのようなことを感じるのかもしれない。

まとめると地域とは
|羆集権と地方の関係性の中で定義づけられる。
⊆膣囘な感情面の中で定義づけられる。

そして主観的な地域には第二の故郷と言われるように、元々自分の地域がなくても、新しく関係性を作り出すこともできると思う。その第二の故郷づくりを田舎では目指していく方向が、いわゆるファンづくりなのであると思う。おれがひいてはリピート顧客となるのだろう。

第二の故郷づくりの条件を考えていくこと。人間との関係が第一であると思うが、面白いと思う。

次回の機会に考えてみたい。

| 井上 将太 | 地域 | 13:34 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:34 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは。
私は北海道で林業を学んでいる大学生です。
また課外活動として、4年ないし6年という長い学生生活を過ごすまちを「また帰ってきたい」と思えるまちにしようと、市や地域の小学校、町内会を巻き込んだ地域活性活動に携わっています。
井上さんのことはリクナビの就職ジャーナルを通じて知り、林業、まちづくりといったキーワードが共感できたことと、井上さんの行われている活動にとても興味を持ったのでコメントさせていただきました。
北海道という離れた土地ですが、そちらのイベントにも都合がつけばぜひ参加してみたいなと思っております。
応援しています。頑張ってください!!
| ayu | 2012/03/26 5:06 PM |
ayuさんへ

はじめまして。井上将太です。コメントありがとうございます。大学生活の数年間はとても大事な時間ですし、地域と関わることは特に地方大学ではとても重要なことだと思っております。HPの方も見させていただきました。とても有意義な活動ですね。
遠い土地ではありますが、ぜひ意見交換などもしていきましょう。年1回は「若手林業ビジネスサミット」というイベントも開催しておりますので、ご都合がつきましたらぜひご参加ください。
| しょうた | 2012/04/05 1:01 AM |
将太板くん…考えが小さすぎ、それと考えがアカデミック過ぎ
中央集権、それは確かにあるでしょう
あるでしょうが、ならばどうして別子の山の中、それも大山中に12000人もの人が集まったの?中央集権で?そこが政治の中心だから・・NO
そこには銅というお宝が有ったからだろう?
だからそれが無くなったらあっという間に衰退した。
当時世界一とも言われた銅鉱脈のもつエネルギーに引かれて人は集まった。

人も金も政治もこの宇宙全体も同じじゃないか??
つまりそこには物を集める得たいの知れぬエネルギーというのが有る
そう考えると高知の山林の中にそのエネルギーがあるかってことを考えんといかんわけでしょ?
それを仮に魅力と形容しようか
その魅力に惹かれて人々は不便であっても山に集まり暮すわけだ
その魅力は金か?文化か?静けさか???
都会の便利さ、ビジネスのやり易さと引き換えてもそこへ来るだけの魅力や。
人を集めようとすると銅山のように巨大な魅力が必要なわけよ

ここであれこれ書いても仕方ないね
ただいえることは、材質の良い木だの言ったところで、人は集まらん!
将太くん、もっと大きな視点で捉えないと、折角いいもの持っていても
つまりは迷惑をかけるだけになるよ。

星でさえ消える、銀河でさえ衝突することを忘れんこっちゃ
| のすひろ | 2012/06/04 12:39 PM |
のすひろさんへ

コメントありがとうございます。根本的に魅力というものを捉えていかなければいけないのですね。材質の良い木材というだけでは、ダメだということは本当に理解しております。ご指摘ありがとうございました。自分自身でもしっかりと考えてみます。
| しょうた | 2012/06/11 3:35 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/328
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ