<< 【イベント告知】移住希望者体験ツアー 田舎めぐりツアー | main | 【新商品発売】もくレースWall Clock >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
TOSAZAI展

現在、新宿のOZONEにて開催されている「TOSAZAI展」。

紹介 HP
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_d/detail/1257.html

3月の初めに私も参加してきました。

これは高知県が主催となり、1カ月ほど土佐材のPRとして実施したものです。


なかなか大規模な企画でした。東京で土佐材を売っていくことは非常に難しいのですが
まずは高知に思い入れのある方や高知出身の方などに訴求していく所から始める
必要があるように思います。


当日はスギとヒノキの骨組みも登場。
東京にこのような骨組みがあると圧巻ですね。


ヤナセスギの木取り。

木の使い方なども知ってもらうブースがありました。

OZONEで開催したことで学んだこととして、木のどのように提案していくかということでしょう。

例えば・・・


この写真の真ん中にある地図は、ばうむの方で製作させていただきましたが、木で高知県の
地図を現したものです。普通のプレートと高知県部分を木で表現することで面白いプレートになっています。


またこの写真は右がヒノキ、左がスギを使い鉄の脚を付けてベンチにしたものです。
すごくシンプルなのですが、意外とオシャレになっていますし、この規格は柱材なのですが
柱以外の使い方を提案している点が素晴らしいです。規格材なので、材料費は安く抑えれます。


またこれはセルフビルドチェア。

エコバッグに入った材料で椅子を組み立てることができます。木工として面白いですね。


一番感動したものはスギのパネルに波状の加工を付けたものでした。


光を当てることで非常にインテリアとして綺麗に表現されています。

メインである構造体を売っていくことも大事なのですが、改めて山林にある素材を
どのように消費者に提案していくのか。またどのように顧客の要望に応えていくのか。

当たり前の話なのですが、このような視点が非常に重要なのであると改めて実感させて
いただきました。今回できた繋がりをまた次に活かしていきたいと思います。

| 井上 将太 | 林業、建築 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/330
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ