<< 第6回森の未来に出会う旅 | main | 木材流通が変わる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
いなかパイプWEB
今年の夏から四万十にある「いなかパイプ」さんが始めている情報発信の事業
「いなかパイプマガジン」がとても面白い。

これは高知県内で田舎暮らしを取り組む方がライターとなり、一緒に情報発信をしていこうというもので、一つのプラットフォームのようなものが出来てきている。

またいなかパイプさんは県内でインターンシップなどの研修事業も進めており、まさに田舎と都会をつなぐ存在として大活躍している。

2年前からインターンシップを行い、四万十流域では移住者も20名以上を超えているということらしい。行政の行う移住フェアよりも、人と人、事業者と人を繋ぎ働くリアルなインターンシップの方が効果があるのではと思うぐらい。

私もたまに書いているので、ぜひ時間があるときは読んでみてほしい。

いなかパイプマガジン
http://inaka-pipe.net/
| 井上 将太 | 高知のえいもん | 13:21 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:21 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/346
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/08/01 6:02 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ