<< 秋田杉から学ぶ | main | スウェーデンの林業を学ぶ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
パーソンイン

最近はIT関連の事業を展開されている方や最先端のモノづくりを展開されている方とご縁ができている。

先日も衝撃的だったのは3Dプリンターを使い、個人向け(BtoC)の商品の販売を展開している会社で
プロジェクトマネージャーをしていた方と出会った。

3Dプリンターとは通常の紙に印刷をするプリンターとは違い、立体のソフトなどを使い、形を作り、
そのままのプロダクトを作り出してしまうというものである。

積層造形法とも呼ばれ、樹脂などを溶かし、形を作るものや粉末のものを層にして形づくるものがあるらしい。商品開発などに対して試作品を安く作ったりするなど、工業関係では広く使われてきている技術であるが、これを個人向けにも展開をしているということであった。

HPを見ていただけるとわかりやすいのではあるが、自分がデザインをしたものをそのままの形で作り出し提供しているのである。

インターカルチャーHP
http://inter-culture.jp/Create/create.html

これはモノづくりの概念を根本から変えてしまうものであり、非常に面白い。

高度経済成長期はとにかく必要性があり、実用的なモノを作れば売れる。
つまり製造者中心のプロダクトアウトという考え方で良かった。

その後は、様々な価値を持つ多様な社会に移り変わり、その多様性をマーケットとして捉え、ターゲット層を絞り、セグメントを行うマーケットインという考え方へとモノづくりは移っていく。
だからこそ同一的な市場を読みとくセンスがマーケッターであった。

しかしこの3Dプリンターに代表される技術は個人の欲しいものをそのまま作るということである。
つまり造語ではあるが「パーソンイン」とも言えるのではないかと思う。

今はプリンターも高価なために、まだまだこの市場は高価なものであるが、のちのちはコストも落ちていくのではないかと思う。あなただけの商品、あなただけのサービスが価値となる。

もちろん従来のようにこだわらない市場もあるだろうが、コストが安くなれば爆発的に伸びる可能性がある。車のデザインがある程度、個人で選べたり、プロダクトの概念がいかに機械とシステムを合わせ消費者に販売していくのか。というような考え方に変わるのではないかと思う。

また木材加工にしても同じようなことが言えるのではないか。今の木材のプロダクトの大半は諸外国も含めて競合相手の多い、家の構造材・内装材。

ここから抜け出すので、「パーソンイン」の世界を作っていくしかないのではないかと思う。
3Dプリンターは木材版はないが、切削造形法と言われるNCルーターのようなものは対応可能ではないかと思う。であれば、いかに個人のニーズを拾いながら、また個人のデザイナーと組みながら商品展開をしていくかではないかと思う。

また木材が自然素材であり、節の場所や色合い、木目などが一つ一つ違う所も、この特性に当てはまる部分でもある。やはり消費者の感性で良いと思うものをもう少し重要にしていかなければならない。

将来このような分野でも仕事をしてみたいと強く思った1日であった。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 20:57 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:57 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/11/15 4:07 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ