<< スウェーデンの林業を学ぶ | main | 新年。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ありがとうございました。

2012年12月31日をもちまして、私は2年半関わらせていただきました ばうむ合同会社と本山町を離れさせていただくこととなりました。

2010年の春に一つの出会いから関わらせていただいた会社ですが、2年半という短い間ではありましたが、本当に私にとっては貴重な経験をさせていただいたと思っております。

大学1年生から何かしらの関わりをさせていただいた嶺北地域ですが、私にとってはとても思い入れの地域であり、第二の故郷とも言える地域であると言えます。

大学生の簡単なインターンシップから、このように実際に住み、仕事をするまでになるとは当初は考えてもいませんでした。人生はご縁でしかない、そのように思っています。

ばうむ合同会社では、会社もできたばかりということもあり、本当に0からの顧客開拓と商品づくりをやらせていただきました。まだまだ学生レベルではありましたが、営業の末端から経営管理まで一貫してみることができた。これは自分の人生にとっても大きな経験になると確信しています。

このような販売の事業とは別に地域づくりの事業にも沢山関わらせていただきました。こちらの方は様々な方と協調しながら、仕事をしていくこと、このようなことを学ばさせていただいたように思います。

また移住2年目は大きな別れと出会いのある時間でありました。
私のまだまだ短い人生ではありますが、本当に悩み、そしてこれほどつらいと思った経験はありませんでした。まさに自らの進む道、その道が断たれ、そして希望が見えない時間もありました。
そんな時に支えていただいた方、本当に感謝をしております。

そしてこの経験は人生の中で覚悟を持って働くことの意味を教えていただいたように思います。

今後の進路としては、自分のステップアップとして一度高知を出て修行をしてみたいとの思いより、高知を出ることになっております。

来年度よりは、木材関係の商社にて働くことになっているのですが、自らの経験を活かしながら一度広い視野にてビジネスに関わっていきたいと思っております。

12月はバタバタとしていたために、まだご挨拶をできていない方もいらっしゃいますが、1月〜3月は高知にいますので、改めてご挨拶をさせていただきます。

2013年も含めまして、これからも井上将太を宜しくお願いします。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/353
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ