<< 新年。 | main | POPなダルマ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ライフアンドフォレスト
先日は京都で開催されたシンポジウムのライフアンドフォレストに参加しました。

このイベントは森と暮らしを考えるをテーマに毎年京都のNPOが主催しているもののようです。
当日はカメラを忘れ、写真が取れなかったのですが、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

ゲストの方は下記の3名

 ■大島 正幸 氏 (木工房ようび 代表)
http://youbi.me/

岡山県西粟倉村在住
地元のヒノキを使った家具作りに挑戦し続ける。

■齊田 由紀子 氏 (獣美恵堂 営業部長・猟師)

滋賀県で、野生動物との共存を目指し、ジビエを
レストランや給食など身近に届ける活動を行う。

■熊谷 有記 氏 (山一木材 KITOKURAS)
http://www.yamaichi-mokuzai.com/2_kitokuras/kitokuras.html

香川県栗熊の小さな森で、家業の材木屋を継ぐべく三代目として修行中。
「木と暮らすこと伝えたい」とカフェ・ギャラリー・ショップ「KITOKURAS」を運営

四国からは香川の熊谷さんがパネラーとして参加されていました。
材木屋が運営するカフェショップは一見の価値があります。

パネラー3名の方から学んだことは自らの信念を持ち、森や木材に関わっていくこと。
またマクロな数字ではなく、身の丈を捉え、自らの周りから物事を変化させていくことです。

林業や木材産業をマクロに捉えると、市場が減っていくことや木材価格が低下したなどの
話しになりやすく、業界はどうなっていくんだという議論になってしまいます。

マクロを捉えることは傾向を掴むという意味では大事なのですが、そこを意識しすぎてしまうと
動いていれば見つかるはずであった可能性を見落としてしまうのかもしれません。

そうではなく、自らがまずどのように想い、行動していくのか。そこに尽きるのかなと思います。
その後、周りの方をどう巻き込んでいくのか。そんなことをまっすぐと続けていくことが大事な
気がします。

非常に良い議論でしたので、興味のある方は下記より視聴ください。

ユーストリームでの視聴ができます!
http://www.ustream.tv/channel/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E5%9B%9E-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88


| 井上 将太 | 林業、建築 | 11:33 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:33 | - | - | pookmark |
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
| 株式とfx | 2013/01/24 4:54 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/355
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ