<< 上田楽農園(リンデンバウムナーセリー) | main | 宇陀市カエデの郷ひらら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
木曽の町

4月の初めごろは長野県木曽地方に行きました。

木曽と言えば木曽ヒノキに代表される木材の有名産地です。
木曽ヒノキとは天然林のヒノキのことであり、江戸時代以前には広大な原生の森があったとされます。
その後、寺社仏閣の建築などにより木材の伐採が盛んとなり、天然更新によりヒノキが更新されていきます。

その後、江戸時代には木曽五木と言われる木が伐採禁止になり、資源を守る時代が続き、管理され
現在にいたります。

木曽五木とはヒノキ、サワラ、アスナロ、コウヤマキ、ネズコのことを指します。

ちなみにこの頭文字を取った「あさひねこ」という木工品のブランドもあります。

あさひねこ
http://asahineko.jp/



写真の撮り方が悪かったのですが、これが木曽五木になります。


木材の生産地であり、また中山道の宿場町として栄えた木曽町は今も歴史と自然と
文化の香りがする町でした。


また木曽町は御嶽山を望むことができます。
御嶽山は富士山に次ぐ日本で2番目に高い火山であり、山岳信仰の山としても
有名です。

滝や湖も多く、非常に水が豊富な山脈になります。
ここからの水は木曽川を通り、愛知県用水としても流れます。

この御嶽山を中心として尾張の文化ができたといっても過言ではありません。
その風景はとても雄大で何か自然の大きな力を感じることができます。

今後、仕事の中でも木曽の町と関わることが多くなりそうです。
詳細についてはまた後日、ブログにて報告させていただきます。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/372
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ