<< 2013年度地域型住宅ブランド化事業 | main | 深い木取り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
加子母の地域一体林業

先月は木曽の林業の見学をしてきましたが、今月はその木曽の反対側である裏木曽と呼ばれる加子母に行ってきました。

加子母地域も先月の木曽と同じように、江戸時代には尾張藩が納め、木曽五木と言われる5種類の木材の伐採が禁止された地域で、こちらは木曽ヒノキではなく東濃ヒノキと呼ばれる優良のヒノキの生産の地とされています。

地域の50%は国有林なのですが、半分ある民有林のうち70%ほどはヒノキを植えており、ヒノキ中心の産地が加子母の特徴です。


複層林

珍しい点としては地域に素材生産業者が少なく、森林組合が比較的管理を行ってきたことがあります。
そして歴代の村長も非常に林業に対して積極的であり、路網も整備されhaあたり40mの路網密度があるとのことです。

インフラが整い木が出しやすい地域だと言えます。
現在の素材生産量は1万㎥ほどということで地域内には10数件ほどの製材があるとのことでした。


東濃ヒノキの特徴としては目が詰まっていることと、赤身が綺麗なことが特徴と説明をうけました。
確かに目混みで素直な原木がありました。

加子母といえば有名なのは産直住宅です。

一般的な産地の産直住宅と言えば製材所などが都市部の工務店や設計事務所と組みながら
家づくりを推進しますが、加子母の場合は地元の工務店が産直住宅を推進し、それを行政もサポートをしています。

中津川の産直住宅
http://ひのき.com

具体的には中津川市産直住宅振興会という会を作り、この組織を中心としながら各工務店が家づくりを愛知県などで進めているとのことでした。

川上にある工務店が川下で産直の家づくりを推進していくことは非常に面白い取り組みであり、
やはり尾張藩であり、文化的な結びつきも深いということもあったのではないかと思いました。

次回は川下を中心にしっかりと加子母のことを理解していきたいと感じました。



| 井上 将太 | 林業、建築 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:57 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/380
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

bolg index このページの先頭へ