<< 目付け | main | 北山杉の本仕込み >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
木材は物流ビジネス

最近、木の商売に関わり感じること。

木材は物流ビジネスではないかと感じている。
重い割には単価が安く、そしてかさ張るために在庫を持ちにくい。

さらに近年では、材木屋、工務店なども在庫を持たなくなり、プレカットから現場にジャストインタイムに
納品されることが多くなった。

ますます在庫が持たなくなるなかで、さらに納期は厳しくなっていく。
どこかに物流を支える機能がなければ、適正な納品ができない。

当たり前の話だが、物流は非常に奥が深いと思う。

まずは木製品は新鮮なものが価値を持たない。魚で言えば干物の状態にして
流通されることが求められる。

製造工程の中で木を乾燥させる工程がこの物流におけるネックになる。
またストックをするにしても、部材によっては寸法が数種類になるものもあり、木の品質のランクなど
を考えると非常に管理が難しくなる。

何をストックするかと言うとそれはニーズがあるものに決まっている。
つまりマーケットを理解していないとそもそも、ストックもできないということになる。

商品を作ってもその商品をどのように配送するのかということでも、非常に奥が深い。
基本的には木材の送料は川上側が持つことも多く、宅配便業者も含めた様々な流通形態を作ることが求められている。

だが現状を考えてみると木材製品のパンフレットには「○○産材は年輪が密で・・・」「色合いが綺麗で・・・」
というようなうたい文句をあげているが、納期に対する明確な表記はされていないケースも多い。

製造できる商品群において、生産品目を絞り、納期を明確にお約束すること。
これからさらに求められる要素であると感じる。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:43 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://mori-mirai.jugem.jp/trackback/383
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

bolg index このページの先頭へ