スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
肩書でもなく、名誉でもなく。

愛知県に住み始めて2週間が経過しました。

業務の方は木材の出荷、入荷の検品や営業事務の仕事を研修として取り組んでいます。

学生時代に訪問させていただいたメーカー様の商品に出会うと古い友人に出会ったような
気持ちになり、その会社の方々の顔を思い出します。

一生懸命、モノづくりを行い、そして販売をされていること。
単純に私情なしに流通業であれば、品質、納期、コストを考えて取り組むことも必要なのですが
まだ温かさの残る業界でそれだけを行っていても、国破れて山河ありという状況なのではないかと
思っています。

さてこちらに来て色々な方々に会わしていただきましたが、こちらで一番尊敬している方は
木材のフォークリフトを運転しているピッキングマンの方です。

重くてかさ張り、なおかつ危険な商材である木材を体を張って納品している姿は本当に
プロ意識を感じますし、このような方々がいらっしゃるから私たちは流通の仕事や営業が
できているのであるとつくづく思います。

木材流通の勉強を学問上でやっているとなかなか理解できない現場の話であり、ただ現場にいれば
当然の話ですが、私にとってはとても印象的な光景でした。

そして特にそのリーダーをやられている方は本当に人間性が素晴らしい方です。
若い時は色々な無茶なことをやられたとのことですが、おそらく色々な経験の中で今の感性や
プロ意識や心遣いを得たのだと思います。

毎日、その方から様々なことを勉強させていただいていますし、私もプロとして仕事の質を高めて
いかなければいけないと思います。

今まで多くの方とお会いして感じたことは人間の価値は肩書でも名誉でもなく、道で決まるのだと
思います。道とは何かと言うと、どのような考え方を持ち、どのような決定を下し、どのような結果を出してきたかということだと思います。結果とはビジネスの世界では売上の話などになるのかもしれませんが、私は多くの方と出会い、そして対話を行い、自らが磨かれていくことだと思います。

むろん、道であるので、途中に落とし穴があったり狭くなったり、登り坂になったりしているのだと思います。

でもそれを乗り越えた方々から出るオーラのようなものは、いくら見栄えを良くしても社長の肩書を得ても
政治家になっても得れるものだとは思いません。日々の道をどう歩くかにかかっているのだと思います。

私もある意味、一からこの道を作るという選択を取りました。
今はまだまだ甘い所や人間性を高めていかなければと思うことも多々ありますが、その方のように
大きな人間になりたいと思っています。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 22:30 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
感謝の日々

関東に来てもうすぐ2週間が経ちます。

高知を離れたのは初めてなのですが、色々な県に行っていたこともあり、あまり外に来た感じはしません。
4月中旬からは配属先となった愛知県の小牧市に引っ越すことになりました。

愛知県は木材の販売においても激戦地なので、修行の地としてはありがたいことです。

話は変わりますが、最近、色々な方々への感謝の気持ちが湧いてきています。
高知を離れたこともあるとは思いますが、多くの方にお世話になったのだと思っています。

人生は色々な捉え方があると思いますが、いくらお金を得ようが、いくら豪華なモノを手に入れようが
人のご縁こそが、世の中で一番大事なことです。このご縁をいただいているのですから私は本当に
幸せであると思うし、今までお世話になった方のために向上していかなければなりません。

これからも色々なご縁もあるかとは思いますが、今までお会いした方、これからお会いする方々今後ともよろしくお願いします。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
先人と同じ志で

明日はついに25年間住んだ高知県を離れ、関東へ旅立ちます。

四月からは全国、世界の木材の販売を行う仕事を行う予定であり、今から楽しみにしています。
今日は引っ越しの後に時間もあったので、高知県安芸市井ノ口の妙見山の星神社に行ってきました。

安芸市井ノ口は三菱財閥の創始者の岩崎弥太郎氏の生まれた村で、今も生家が残り、安芸市出身の偉人として語り継がれています。


岩崎弥太郎の銅像




土佐藩の紋と岩崎家の紋と、それを合わせた三菱のスリーダイヤモンド。


安芸市の星神社は岩崎弥太郎が東京に遊学する前に登り、志を確認した場所として伝わって
います。今は地元の有志の方が岩崎弥太郎の絵馬を作り、志を伝える場として残しています。


この絵馬の購入は岩崎弥太郎生家前のまる彌カフェより購入ください。

まる彌カフェHP
http://www.greentechno.net/


弥太郎がこの神社に残した言葉です。志の高さが伺えます。

これからの数年間、大きな夢を描いて旅だった先人のように一生懸命努力をして自らを高めて
いきたいと思います。



| 井上 将太 | 井上将太の想い | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
うみ路

記事を書くことが遅くなりましたが、今月上旬にこのブログでも紹介していた親友の蜂谷潤君が会社を起こしました。

蜂谷君は大学時代からの同級生で、高知大学では国際ボランティアやグリーンツーリズムの活動など色々なことをやってきました。

その蜂谷君がついに起業をしてこれからビジネスをしていくということなので、とても嬉しい限りです。

会社名は「一般社団法人 うみ路」

小さな道を作り、色々な人を繋ぐとの想いが込められているということです。
今月のお披露目会には多くの方が参加されていました。


代表の蜂谷君の説明

大学時代から海洋深層水を活用して養殖の研究をしており、今後はアワビや海藻の養殖を
行っていくということです。



また会社としても養殖業だけではなく、地域づくりのプロデュースを行うということでした。
室戸にある資源を活かしたモノづくりと販売を通してブランドを作りたいということです。


お披露目会に出されていた料理はとても美味しいものばかり。
すでに商品になっているマルソウダカツオのコンフィを使った料理。


また養殖しているアワビも披露されました。
普通のアワビとは違い養殖でも海藻を与えているようで、深みのある味がします。
また海洋深層水はミネラルも多く、綺麗な海水なので、とっても自然に優しい養殖なのです。


ソテーにしても絶品。この美味しい健康なアワビが少しでも広がって欲しいです!

これから私は高知県から出ますが、応援できることは応援していきたいと思います!

頑張れハッチ!

| 井上 将太 | 同志たち | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最後の高級材ブーム

昨日の日経新聞の記事で下記のようなものがあった。

国産高級木材が品薄に 木曽ヒノキは5年で7割高
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDJ2501G_V20C13A3QM8000/

いわゆる日本三大美林と言われる青森ヒバ、秋田スギ、木曽ヒノキの3種類の木材が品薄になり特にヒノキの価格が上がっているということである。特に今年は伊勢神宮の遷宮など需要が見込まれる行事もあり、需要増が続いている。単価も30万/㎥を越えているということである。

高知県でも白髪山のヒノキやヤナセ杉など人工及び天然林の高齢木を加工してきた歴史があるが、今はほとんど伐採がされていない。この高級材を活用した林業の資源枯渇による最後のブームということである。

今は並材が主流と言われているが、ここ数年で銘木の林業から並材の林業に完全に切り変わる時に来ているのではないかと思う。

「売上=単価×販売数」

銘木の林業は単価を上げる林業、並材の林業は販売数を上げる林業であった。販売数を上げる林業は大きな資本を持つ企業が有利になることはわかるが、再び単価を上げるにはどうしたら良いかと考えることは今後、とても大事な視点だと思う。

林業の世界も6次産業化(1次産業×2次産業×3次産業)が必要と言われるが、何でも良いので単価を上げる質の林業がこれからの重要なことだと感じる。

| 井上 将太 | 林業、建築 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木材のプロを目指す
4月から全国の木材を販売する仕事に就くが、三年で木材に関してはプロになりたいと思っている。

木材の世界はとても深く難しい部分が多いが、プロになるにはどのようなことを学ばなければいけないか、考えてみた。

私なりに考えた視点はこの3つではないかと思う。

?木材を科学する視点。
?木材の個性を理解する視点。
?木材の加工・用途を理解する視点。

簡単に説明すると?木材を科学する視点とは、木材の物理学や生物学から捉え、基本的な理論を理解することだと思う。

?木材の個性を理解する視点は、理論があっても個々の木材の性質は一本一本違うので、その違いを理解することだと思う。

?木材の加工・用途を理解する視点とは、理論や経験から個性を理解してどのような加工や商品ができるかを考えていくことだと思う。

この3つの視点を意識しながら学びを続けて行きたいと思う。
| 井上 将太 | 井上将太の想い | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CLT 高知県での木造新工法研究

本日の高知新聞で取り上げられた高知県議会の定例会の記事で「木造建築の新工法研究」という題材が出ていた。

これは来年度から創業する高知おおとよ製材に関することであるが、CLT(クロス・ラミネーティッド・ティンバー)と呼ばれる新工法の研究に関する記事である。

CLTとは木材の挽き板を直行させて積層したパネルのことであり、集成材のパネルということである。
ヨーロッパなどではこの工法を使い、大型の木造建築を作っているということであり、日本の木材需要の起爆剤として大きな注目を集めている。

CLTについて 銘建工業資料
http://www.mlit.go.jp/common/000206488.pdf

高知県でもこの工法を使った研究組織を立ち上げるとのことであるが、全国の研究機関で既に予算が取られてやられている研究なので、今から高知県で予算をつけて公金で取り組むには遅すぎるのではないかと感じている。県内の公的な研究所の技術部門から考えても、普及のための何を実証研究するのかが見えていないのが現状ではないか。

また高知おおとよ製材に関してもスギラミナ(集成材の材料)を製造するよりはどちらかというと製材品(構造材)の製造をメインで行うようなイメージが強く、CLTということは新商品の一つでしかありえない。

新たなものに関しては予算もつけやすいとは思うが、県内の木材産業の現状をしっかりと捉える中で話題性だけに捉われない政策が必要であると感じた。理論、理念を上げることよりもまずは汗をかいて木材の一本をしっかりと売ること。そのために高知県が何を支援できるのかを考えていくことが大事なのではないかと思う。

高知新聞記事
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=300062&nwIW=1&nwVt=knd

防災科学技術研究所のCLT実験
http://klh.heteml.jp/system/wp-content/uploads/2012/02/CLT%E5%AE%9F%E5%A4%A7%E5%BB%BA%E7%AF%89%E7%89%A9%E6%8C%AF%E5%8B%95%E5%AE%9F%E9%A8%931.pdf

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木材利用ポイント

今年の4月より「木材利用ポイント」がスタートする。

これは一時期に家電などにエコポイントが付いた政策があったが、その木材版で、国産材を使うとポイントが付き、木製品や農産物などと交換できるというものである。

細かい制度の中身は出ていないが、「木造住宅」「内装などの木質化」「木製品、ペレット」の利用などの3項目が対象となっている。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/point/index.html

予算としても410億円が計上されており、仮に一人が30万円のエコポイントをもらっても、136000世帯の分の予算となっている。(おそらく事務局経費などで全てが計上されることはないが)

これは需要を拡大させる意味では大きな政策であると思うし、エコポイントの対象商品にしてもらうことも一つビジネスチャンスになるのではないかと思う。

ただやはり消費者が欲しいと思う魅力的な交換商品であったり、周知がとても必要。
あくまで一つの後押しとしてしっかりと国産材を訴求していくことが大事なのだと思う。

一見ばらまきにも近いのかもしれないが、追い風が吹く時にこそ、うまく活用していかなければいけない。

| 井上 将太 | 林業、建築 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
沖縄のエコツーリズムと林業

先月は沖縄での講演依頼もあり、3泊4日で沖縄へ行っておりました。

空いた時間に案内をしていただいたのは、やはり沖縄の山林です。
沖縄は文化的には木造建築が主体の文化ではあったのですが、戦後以降、木材が少なくなったことや台風などに対する強度面でコンクリートへの信仰が高いことから木造の住宅はかなり少なくなっています。

そのような沖縄でも北部国頭村にはやんばるの森を中心とする山林があります。

照葉樹林が中心の山林なのですが、あまり高い山林がなく広大な森が広がっています。
植物としてはスダジイというシイの木が75%となっております。

その森を活かして1997年から地元の方を中心にツーリズムの任意団体を立ち上げ
2004年にはNPO法人を設立して地域に根差したツーリズムを続けております。

国頭ツーリズム協会
http://kuta-okinawa.org/

具体的な活動としては
ヾ超調査
モニタリングや環境調査、やんばるクイナのロードキル調査

環境教育
小中高生などに対する教育

人材育成
ガイドの養成

ぅ┘灰張◆宍擇咯霾麋信
国頭の森を中心としたツアー

ゥ僉璽肇福璽轡奪
プラン策定など

などを実施しております。

また国頭村では村独自の森林のゾーニングを設定しており、
村単独では日本初の試みということです。

制限する観光により自然を守りながら、かつ最大限に収益性を高めていくという
考え方にはとてもこれから大事な視点だと思います。

エコーツーリズムや地域づくりを考える上でのプロセスは

…敢頃有∧歔刈有再生⇒て短塞奮発⇒ゴ儻
というようなプロセスで考えていかなければいけないということです。

確かに色々な地域で観光振興や特産品開発をやっていますが、 銑のプロセスが
抜けており、自分たちの文化もしっかりと把握しないままに進めているケースが多いように
思います。そのような意味でも、このプロセスは大事な考え方です。




エコツーリズムも修学旅行生などを中心として年間数万人の方が入っているようです。
環境に配慮をしながら、取り組んでいるツーリズムが印象的でした。

樹高の高い道を歩く爽快感はやはり格別でした。


私が訪問した時期には見頃の植物もありました。


最後はあいにくの天気でしたが、学びの多いツアーでした。

そのあとは無理を言って、沖縄の国頭村森林組合を尋ねました。


沖縄の林業は、シイ類を中心としてパルプを生産する林業とリュウキュウマツを中心と
して建築材料の生産を中心とする林業の2種類があります。
上の写真は建築材料などに多い、リュウキュウマツです。ニュージーランドなどのパイン
に近い印象を受けました。


こちらがパルプ用の原木です。チップにされ本土に送るようです。


こちらはリュウキュウマツですね。写真ではわかりにくいのですが、
年輪が大きく生育が早いことがわかります。




家の構造材などは生産しておらず、内装材や一枚板などの生産が多いとの
ことでした。また売り先としては家具製作所などへの販売も多いということです。

地域が変われば、やり方も変わります。

以前、沖縄の方を高知に招き、林業から家づくりなどの流れを見てもらいました。

その時の反応も非常に良く、沖縄の林業も木を使う文化をしっかりと構築できれば、
伸びていく可能性もあるのではと感じました。

| 井上 将太 | 林業、建築 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
天然林の森を歩く

今月初めは高知県北部にある白髪山の天然ヒノキ林の散策に行ってきました。

白髪山は高知県でも有数の天然材が取れる山林で、過去には大阪城の築城にも使われた
上質の桧材があります。江戸時代には土佐藩の莫大な借金を返済したこともあります。


下道から歩いて1時間ほど。これは600年を超える天然桧になります。
このような桧は根下がり桧と呼ばれます。これは親の木に眼が出てそのまま
大きくなると、親の木は最後は腐り、空洞が空くようになるものです。
天然の更新の場合はこのような条件が重ならないと更新しないようです。


これも立派な桧ですね。寒い地域なので年輪も密で良質の材が取れます。


別の角度から見ると圧巻の木もあります。


そしてこの山の面白さは頂上に行くと植物の分布が変わることです。
地層が変わることにより、変化するようなのですが、この森は植物の数も
多く、日本の原生林に近い植生だということです。本当に気持ちの良い空間でした。


記念撮影

人と比較すると、その雄大さがわかります。普段は人工林にかかわることが
多いのですが、改めて天然林の雄大さを感じることができました。

このような森も高知の宝だと思いますし、守り伝えていかなければいけないと
感じました。








| 井上 将太 | 林業、建築 | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ