スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
パーソンイン

最近はIT関連の事業を展開されている方や最先端のモノづくりを展開されている方とご縁ができている。

先日も衝撃的だったのは3Dプリンターを使い、個人向け(BtoC)の商品の販売を展開している会社で
プロジェクトマネージャーをしていた方と出会った。

3Dプリンターとは通常の紙に印刷をするプリンターとは違い、立体のソフトなどを使い、形を作り、
そのままのプロダクトを作り出してしまうというものである。

積層造形法とも呼ばれ、樹脂などを溶かし、形を作るものや粉末のものを層にして形づくるものがあるらしい。商品開発などに対して試作品を安く作ったりするなど、工業関係では広く使われてきている技術であるが、これを個人向けにも展開をしているということであった。

HPを見ていただけるとわかりやすいのではあるが、自分がデザインをしたものをそのままの形で作り出し提供しているのである。

インターカルチャーHP
http://inter-culture.jp/Create/create.html

これはモノづくりの概念を根本から変えてしまうものであり、非常に面白い。

高度経済成長期はとにかく必要性があり、実用的なモノを作れば売れる。
つまり製造者中心のプロダクトアウトという考え方で良かった。

その後は、様々な価値を持つ多様な社会に移り変わり、その多様性をマーケットとして捉え、ターゲット層を絞り、セグメントを行うマーケットインという考え方へとモノづくりは移っていく。
だからこそ同一的な市場を読みとくセンスがマーケッターであった。

しかしこの3Dプリンターに代表される技術は個人の欲しいものをそのまま作るということである。
つまり造語ではあるが「パーソンイン」とも言えるのではないかと思う。

今はプリンターも高価なために、まだまだこの市場は高価なものであるが、のちのちはコストも落ちていくのではないかと思う。あなただけの商品、あなただけのサービスが価値となる。

もちろん従来のようにこだわらない市場もあるだろうが、コストが安くなれば爆発的に伸びる可能性がある。車のデザインがある程度、個人で選べたり、プロダクトの概念がいかに機械とシステムを合わせ消費者に販売していくのか。というような考え方に変わるのではないかと思う。

また木材加工にしても同じようなことが言えるのではないか。今の木材のプロダクトの大半は諸外国も含めて競合相手の多い、家の構造材・内装材。

ここから抜け出すので、「パーソンイン」の世界を作っていくしかないのではないかと思う。
3Dプリンターは木材版はないが、切削造形法と言われるNCルーターのようなものは対応可能ではないかと思う。であれば、いかに個人のニーズを拾いながら、また個人のデザイナーと組みながら商品展開をしていくかではないかと思う。

また木材が自然素材であり、節の場所や色合い、木目などが一つ一つ違う所も、この特性に当てはまる部分でもある。やはり消費者の感性で良いと思うものをもう少し重要にしていかなければならない。

将来このような分野でも仕事をしてみたいと強く思った1日であった。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 20:57 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
秋田杉から学ぶ

先月は生まれて初めて日本三大美林の秋田杉の天然林と秋田の林産業の勉強に行っておりました。

日本三大美林とは、木曽ヒノキ、青森ヒバ、秋田スギの3地域のことで、天然に元々自生していたもので日本でも見た目も、木材も綺麗ということから名づけられています。

実は恥ずかしながら、三大美林では今回の秋田スギの見学が初めてなのですが、非常に歴史のある学びの深い視察となりました。


秋田スギの天然林

秋田スギは天然林のものを天杉。人工林のものを造杉というらしく、造杉の方も苗は天杉の苗を使っているようです。天杉は北部の白神山地近くの自生しているものです。


こう見ると天杉の大きさがわかると思いますが、大体200年を越えている木が何本も
自生しております。秋田は国有林が多く、このような大木も国有林のものということです。
この写真は日本一高い天然杉。高すぎて樹高の写真が取れずにすみません。。。


材積は1本で40㎥ということで一つで家2軒分の木材量があります。立派。


この天杉を加工する工場も見学させていただきました。
写真で見るとわかりにくいですが。。。


手と大きさを比較すると立派なものです。


この丸太を丁寧に加工していきます。今では大型の機械が主流となってきていますが
まさに職人芸とも言える加工でした。


この丸太を加工すると綺麗な板が取れます。
非常に目も色合いも綺麗ですね。

この一本から柱も取ります。高齢木の木はとても綺麗ですね。

この秋田杉は元々は天井板などから始まり、いわゆる役物という節のない高級材を
加工していました。

ただ今は住宅の形も変わり、柱を見せなくなったり、また秋田スギが市場に出る量も
規制がかかり、来年度からは伐採停止になるということも言われております。

時代と共に失われる文化と技術があります。
それを考えると感慨深い気持ちにもなりました。



たまたま見つけた高知のデザイナーの梅原真さんの「あきたびじょん」のポスター。
あきたびじょんもそうでしょうが、

改めて、「残すモノ」「変えるモノ」「新しく作るモノ」の3つを捉えて、ビジョンを作り、今をしっかりと生きていかなければいけないと感じさせていただきました。

| 井上 将太 | - | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
身の丈のファンづくり

最近は色々な地域にお邪魔をさせていただくことがあるが、その中でよく聞く言葉がある。

それは「○○町のファンづくり」という言葉である。

地域にはたくさん良いものがあって、それを活かした商品やサービスを作り出すことはとても
大事なことだとは思う。そして地域の資源を磨いていかなければ、他の地域との差別化もできないということも理解できる。

ただこの「ファンづくり」というものは、とてもふわっとした言葉なので、非常に気を付けた方が良いと思う。まずこの言葉を聞くと、考えなければいけないのは、自分はどこの地域のファンであるかということである。

他の地域のファンではないのに、自分の地域にだけはファンになってもらいたい。
これではうまくいくはずもない。もし別の町によく行くということであれば、自分がその町のどのような時にどのように活用しているかということを考えるべきであると思う。

例えば、毎年5人の方のお歳暮には○○町の果物を送る。

家族旅行では年一回○○町の温泉に行く。

など

ファンということは、具体的にどのぐらいの頻度でアクションを起こしてくれる方ということになると思う。

アイドルに例えるとわかりやすいが、AKBのファンであれば、秋葉原に年10回は行く。
新発売のCDは必ず保存用と聴く用と2枚買うなど、どのぐらいの頻度で具体的なアクションを起こしてくれるということがポイントであると思う。

また近年ではプロボノ(自らのスキルを活かした貢献活動)のように外部の方と事業のパートナーとして連携していくことも可能ではある。これもファンということになるのであろう。

最近、地域づくりにおいて「言葉」をうまく噛み砕いて交通整理をしていくこと。
これは非常に大事なのではないかと感じる。

この「ファンづくり」のように漠然としたイメージから行動が移されることも少なくはない。
そんな所には自分の役割があるのではないかと感じる。


| 井上 将太 | 地域 | 16:04 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
良き考え方は、良き人生を生む。
久しぶりにブログを書かせていただきます。

今年は非常に色々な学びを得させていただいている1年になっております。

私にとっての学びとは人との出会いであったり、実際に体験したことであったり、
本などではない現実のことから学びが多いように思います。

ただ学びだけを追求しているだけでもダメで、それを自分のものとして学びという知識
から知恵として応用できるところまで持っていくことがプロなのであると思います。

そういう意味では私はまだまだ経験も知識も足りていないので、しっかりと今後も自らを
高めていかなければいけません。

また学びというものは「能力」に直結するものだと思います。

私の好きな方の言葉に「人生=能力×熱意×考え方」というものがあります。
これは京セラの創業者である稲森会長の言葉なのですが、非常に的確に人生をまとめている言葉だと思います。

先ほどの学び続けるということは、この方程式の「能力」の部分を強化するということなのでしょう。

また熱意という言葉は好きということであり、自分がわくわくするものは何かという風にシンプルに考えることができます。

そして能力が高く、そして熱意があれば人は大きく伸びていきます。ただ「考え方」においては、プラスの考え方もマイナスの考え方もあります。

能力が高く、熱意が高くても、この考え方がマイナスであれば犯罪者になってしまう。
最近よく起こっているIT犯罪などもおそらく非常に優秀な人物なのでしょうが、考え方がマイナスなのだと感じてしまいます。

つまり考え方が人生において最も大事であると説いているのです。

またこの考え方は、言い方を変えれば価値基準ともいえるのではないでしょうか。

自らがどのような価値を大事にして生きていくのか。

例えば家族を一番に働いていくことでもかまわないでしょう。
また上場を目指して事業を展開していくこともかまわないと思います。

この価値基準により、自らの進む道も決定され、おのずと決まってくるのでしょう。

このようなことを考えると

「人生は良き考え方に出会い、良き価値基準を持ち、良き決断をするということ」
に集約さるのかもしれません。もっと泥臭い部分ももちろんありますが。。。

この言葉は非常にシンプルなのですが、非常に難しいことなのだと思います。

今の私の価値基準は何かなと考えてみれば、おそらく「仁・義・利」の3つなのだと思います。このように書くと少しかっこよいのですが、三国志の漫画などの受け売りです。笑

仁とは・・・人を思いやる心のこと。

義とは・・・約束を守ること。

利とは・・・利益になること。

意味はとてもシンプルですね。私が言葉から連想するイメージです。

例えば何か商談があり、相手の会社と付き合うかどうか考える時には、この3つで見るとわかりやすくなります。

仁の心、つまり会社として人や社会を見つめて事業をやっているのか。自らの儲けだけにまい進していないのか。

義の心、つまり相手が嘘をついていないのか。また言ったことをきちんとこなせるのか。

利の心、つまりお互いがお互いの利益(売り上げ)に貢献できるのか。

まだまだ経営を自ら行う立場ではありませんし、力もないのでしょうが、この考え方だけは大事にこれからもがんばっていきたいと思います。

| 井上 将太 | 井上将太の想い | 17:22 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
木材流通が変わる

昨年と比べ、本を読んだり、勉強や調査ができる時間が増えているが、
先日興味深い本に出会った。

「木材流通が変わる〜 明日をどう拓くか」
 日本林業調査会
 発行日:1984年12月10日
著者:安藤友一、池知正水、中川藤一

という本なのであるが、私が生まれる前の1984年に書かれている本である。

この本の中に転換期における木材産業の有り方とあるが少し紹介したい。

’笋訃ι覆虜猯舛班兵舛量声
販売した商品が明示したものと違う場合は交換する。
8楜劼紡个靴動族舛膨鷆,垢訛寮を。
ぅ妊競ぅ鵑筌ラーコーディネーターなどの価値を付加。
IT化の推進

そして大事な視点として木のために家があるのではなく、家のために木があると
思うことである。

こう見ると多産業では当たり前のことなのであるが、いかに木材が売り手市場であったかという
ことが言えると思う。

この5つの項目は今の木材産業にも大きく当てはまるのではないかと感じてしまった。

この時代は為替が140円台になり、円高が進みさらに外材が普及したということも書かれていた。

この失われた20年は、木材産業にとっても失われた20年だったのかもしれない。
そんなことを感じながら、自分も力を付けて、しっかりと国産材が選ばれるような取り組みを
したいと強く感じている。

またもう一つ大事な視点が書かれていたが、それは商流と物流である。
木材は大きく重いので物流が大事であるということはわかりやすいがそれ以上に
大事なことは商流である。

どのようなルートで最終顧客に木材をお届けするのか。
意外とこれを考えずに、やみくもに営業をしたり、与信管理などで失敗している
ケースも色々な所で見てきた。

産直住宅などが広がらない理由もこのような商流により広げれないということも
あるのであると思う。

このような先人が残してくれたノウハウを元に、自らもこれから実践で活躍していきたいと
思う。

| 井上 将太 | - | 20:21 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
いなかパイプWEB
今年の夏から四万十にある「いなかパイプ」さんが始めている情報発信の事業
「いなかパイプマガジン」がとても面白い。

これは高知県内で田舎暮らしを取り組む方がライターとなり、一緒に情報発信をしていこうというもので、一つのプラットフォームのようなものが出来てきている。

またいなかパイプさんは県内でインターンシップなどの研修事業も進めており、まさに田舎と都会をつなぐ存在として大活躍している。

2年前からインターンシップを行い、四万十流域では移住者も20名以上を超えているということらしい。行政の行う移住フェアよりも、人と人、事業者と人を繋ぎ働くリアルなインターンシップの方が効果があるのではと思うぐらい。

私もたまに書いているので、ぜひ時間があるときは読んでみてほしい。

いなかパイプマガジン
http://inaka-pipe.net/
| 井上 将太 | 高知のえいもん | 13:21 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
第6回森の未来に出会う旅
今年で6年目を迎えます「森の未来に出会う旅」

今年も後輩が頑張ってくれています。

学生中心の活動もここまで続けば、認知されていきますね。

この夏に林業〜木材産業〜木造建築。

興味のある方はぜひご参加ください。


6回森の未来に出会う旅

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

四国の中心、森林率90%をほこる森の国、嶺北地域。

 

ここには林業、製材業等、木造建築に関わるすべての現場があります。

そんな地域で行われる当セミナーでは、それらの現場で体験を通して学ぶことにより、

木造建築で課題となる木材の流通のしくみ、性質、建築での扱い方等をしっかりと理解できます。

 

そしてなにより森にふれるなかで、

「なぜ木造建築を建てるのか?」

という根本となる命題への、自分なりの答えが見つかります。

 

木造建築を本気で学ぶならば、森から。

多くの方のご参加をお待ちしております。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

6回森の未来に出会う旅

森から学ぶ木造建築の設計士育成セミナー

 

○参加対象  木造建築を学びたい方

 

○日時    2011年 827()31()45日)

 

○開催場所  汗見川ふれあいの郷 清流館

       (高知県長岡郡本山町沢ヶ内626)

       高知駅よりバスの送迎あり。

 

○参加費   学生:33,000円、社会人:40,000

(セミナー代、食費、宿泊費込、現地までの交通費は別)

※原則全日程参加してください。部分参加は応相談

 

○定員    20(先着) 締め切り813

 

○主な内容  ※講師の予定により変更する可能性があります。

 

827()

【講義】

森の現状             学生団体FAN    

木造建築の現状          高知大学農学部講師   野口昌宏氏

 

 

828()

【見学】

森林散策              学生団体FAN    

木材流通過程の見学           〃          井上将太氏

モデルハウス見学            〃 

 

【体験】

間伐体験             林業家                森本和広氏

 

 

829()

【講義】

職人に学ぶ(土佐和紙)        高知県ケナフ普及会     宮地亀好氏

職人に学ぶ(燻し瓦)         有限会社 村山瓦    村山廣典氏

職人に学ぶ(大工)           沖野建築 棟梁         沖野誠一氏

 

【体験】

職人に学ぶ(漆喰)            ()左官松本組           松本勉氏

大工体験                沖野建築 棟梁          沖野誠一氏                 

 

 

830()

【講義】

土佐派の設計理念                  高知県設計監理協会      松澤敏明氏

 

【見学】

継手・仕口の強度実験       高知県森林技術センター 沖広友氏

称名寺              高知県設計監理協会   山本長水氏

龍馬の生まれた町記念館           〃       太田憲男氏

高知県環境共生型住宅       84プロジェクト     川村聡志氏

 

 

831()

振りかえり

交流会

 

 

○問い合わせ・申し込み 

下記のアドレスに

「氏名」「性別」「年齢」「所属」「住所」「電話番号」

を記入してお送りください。

件名には「森の未来に出会う旅に参加」と記入をお願いします。

後日、詳細と参加申込書をお送りします。

質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

森の未来に出会う旅実行委員会事務局 学生団体FAN 担当:谷本   

E-mailinfo@mori-mirai.com 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

さらに詳しいことが知りたい人はHPまで!!

詳細、最新情報を随時アップしています。

「学生団体FANhttp://fan1111.web.fc2.com/

 

【主催】

森の未来に出会う旅実行委員会(学生団体FAN、四国森林管理局、公益社団法人高知県森と緑の会、()高知県建築設計監理協会、嶺北林業振興事務所、木と人出会い館、NPOれいほく活性化機構)

 

【後援】

高知県、土佐町、本山町、大豊町、大川村、()日本建築学会四国支部

()日本建築家協会四国支部、NHK高知放送、KSSさんさんテレビ

RKC高知放送、高知新聞社、()南の風社、NPO木の建築フォラム(一部申請中)

| 井上 将太 | 告知情報 | 17:46 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
地域再生のための観光業支援マップ
地域再生のための観光業支援マップが観光庁より発行されました。

省庁横断の施策をまとめており、見やすい内容になっております。

地域によっては何かに活用できるものもあるのだと思います。

ご参考までに。


地域再生のための観光業支援マップ

| 井上 将太 | 地域 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
環境と森を学ぶ企業研修

先月になりましたが、森林の環境問題を学ぶ企業研修会を実施させていただきました。

提携先の企業様へ向けての開催となりましたが、林業の現状から入り、
木材の商流の話や木材利用の現状の話などを体感してもらい、実際に間伐体験を行うという内容です。

企業のCSRの視点から見ても、森を保全する活動には様々な取組がありますが、
どちらかというと「植林をしよう」「森を楽しもう」という内容が多いように思います。

確かに楽しむことは非常に大事なのでしょうが、しっかりと知識と論理性を持って
顧客にも訴えることもできるし、社会的にも意味のあるCSR活動をやっていくことが
大事ではないのかと思っております。

そのような意味で一度、森の現場を見てもらうことは産地にとっても必要なことだと思います。


まずは座学にて林業の現状から、木材の商流などをしっかり学んでいただき
現状把握をします。



その後は山林へ入り、実際に間伐体験などをしてもらいます。
安全面も考え、ノコギリでの対応になりましたが、実際に山での作業を通して
間伐の持つ意味や木材搬出の大変さなども体感していただいたと思います。


今回は数名の研修ではありましたが、今後もこのように森と環境の関わりを
伝えれるような研修を実施していきたいと思っております。

| 井上 将太 | ばうむ関連 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かつおゲストハウス

先日は高知市にあるゲストハウスである「かつおゲストハウス」に宿泊させていただきました。

ここは高知市の出版社に勤めている方が高知を感じることのできるゲストハウスを作ろうと
今年から宿泊施設として、オープンしているもので、とても開放的な雰囲気で楽しめました。

高知愛があふれる施設になっています。


外観


1人部屋は可愛らしい雰囲気のベットルームです。
ベッドも手作り感があり良いです。


装飾にもこだわり、カツオのライトも。ステンドグラスのような形ですね。


細部に木が使われており、暖かさが出ています。


寝室には無垢の杉フローリングでした。
やはりの無垢の床は気持ちが良いですね。


料金もリーズナブルですので、ぜひ高知に来られた際にはお泊まりください。
連泊にもおススメの宿です。

かつおゲストハウス
http://katuo-gh.com/

| 井上 将太 | 高知のえいもん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ